ボックキッチンカー

移動販売車やキッチンカーを大阪の堺市で作っています、新車や中古車にシェルを乗せて内装、外装、設備、保健所、陸運局の対応と、オールインワンで承ります。食品やスイーツなど、移動販売車で起業や副業をされたい方はご相談ください。

自動車の関連情報

自動車(じどうしゃ、英: car, automobile)とは、原動機の動力によって車輪を回転させ、軌条や架線を用いずに路上を走る車のこと。
※テキストはWikipedia より引用しています。

店舗を持たず、様々な場所で店を開くのが、移動販売車の特徴です。一人用であることが多く、移動販売車の制作費用もさほどかかりません。移動販売車の製作車両として選ばれやすいのは、軽自動車のワゴンです。後部座席の大きな空間を、調理空間にすることで製作が完了するからです。調理空間には、一人が入るのが背一杯になるので、多人数で店を回す場合は軽自動車ではなく、もっと広い空間を確保できる車両を確保する必要があります。製作する車両の大きさの問題だけではなく、売上の確保も倍にしなくてはいけません。人数が増える分、経費も膨らみますが、メリットもあります。誰かと一緒に事業を立ち上げることで、一人が背負うものが分散されていきます。それは初期費用が、分散されていきます。一人で事業を立ち上げる資金が捻出できなかった場合、ビジネスパートナーを探すことで、事業を始めることもできます。それと同時に、作業効率を上げることもできます。移動販売車で販売していても、一人で捌くことができる人数は限られてしまいます。長蛇の列ができても、捌くことができなければ別の店へと足を運ぶ人も出てしまいます。そこで、他に調理作業を手伝ってくれる人がいてくれれば、そもそも長蛇の列を作らずに店を回すことができます。一人で始めることにも、初期費用を抑えたりできることや自分の判断で決めていくことができます。その分、リスクを二人で別けることができないというデメリットもあります。二人以上でやると、初期費用が高くなっても人数で割ることができます。結果として、必要となる費用が低くなるメリットがありますが、常に決定するのには、同意が必要となります。調理して提供したい食べ物も、一緒に決めなくてはいけません。自分の意見だけ突っ走ることはできなくなってしまい、それに息苦しさを感じてしまうかもしれません。しかし、互いに互いを尊重できれば、相乗効果を期待することができます。
Tagged on: , ボックキッチンカー