PLEAST

株式会社プレストはマンション経営に関するプロの集団。是非、株式会社プレストにお任せください。

不動産の関連情報

不動産(ふどうさん、英: immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

確定申告の時期は経営者やフリーランスの方にとっては忙しい時期かもしれません。何故かと言えば各種の書類を揃えて間違いなく計算した上で記入して税務署に提出をしなくてはならないからです。そんな面倒臭い事を何故やるのかと言えば、実はやる人には多大なメリットが存在するからなのです。そのメリットとは節税です。通常稼いだお金に対して税金が課される訳ですが、様々な控除の添付をする事により課税額を減らして次の年にかかる税金を減らす事が可能になる訳です。そんな税金を減らす為の方法として、今多くの方が実践されている方法が存在します。それは不動産投資をする事で控除額を増やすという方法です。この不動産の投資対象は現在地方の空家が増えている事を考えると、後々の売却や賃貸運用の事を考慮して福岡等の大都市にする事が重要です。福岡の様な大都市であれば、借り手も多いですし将来値上がりしている可能性も少なからずあります。こういった投資での節税の仕組みは割と簡単な物です。不動産を買った費用を何年もの間分散して経費として控除していく事によって経費が満額に達するまでの間は、家賃等で発生する家賃収入や自分の会社からの給料等をマイナスで申請する事ができるというものです。赤字であれば課税する物がありませんので、かなりの減税効果である事は間違いありません。ここまでの大きなメリットがある為に不動産投資が人気な訳ですね。芸能人やお金持ちの方もこういった理由で不動産への投資をしている人が多い様です。最近タワーマンションの投資が多いのもそういった投資の1部と言えます。ただ不動産投資において節税は本来おまけの様なものです。メインは勿論、定期的な家賃収入や土地の値上がり益です。投資対象の物件選びの失敗や運営の失敗をすれば節税して浮いたお金よりもさらに大きな損失を抱える事になります。そういう事ですので、福岡の様な大都市で投資するに値する様な不動産選びを真剣にやる事が節税の近道だったりします。是非お試しあれ。
Tagged on: , PLEAST