アテネ・フランセ

フランス語の関連情報

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、フランス語: langue do?l)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、フランコフォン (francophone) と言う。
※テキストはWikipedia より引用しています。

フランス語を話せるという方も大勢いらっしゃるかと思われますが、それを自分の仕事にできないか考えている方もいらっしゃるでしょう。そこで、その言語を活かした仕事としては通訳および翻訳、もしくは語学教師が挙げられます。フランス語の読み書きができればグローバルな仕事をされている方たちの補助として通訳することができますし、文章を日本語に書き換える翻訳というものもあります。また、教師として働いていくことで、自分の実力をまわりの人たちに披露することができますし、自分の会話力を高めていくことにも繋がります。東京などであれば数多くの場所で求人が求められていますし、会議の場なども多く揃っていますので臨時で通訳を募集していることもあります。細かくチェックしていけば、長期的な仕事としていくことができる内容のものもあります。そのためにも自分がその言語を用いる上で得意なことや楽しめそうなことを考えておくといいかもしれません。
Tagged on: , アテネ・フランセ