昭和住宅

名古屋エリアから価値の高い物件をご案内致します。【昭和住宅アセット事業部】のアパート経営。

不動産の関連情報

不動産(ふどうさん、英: immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

日本では、将来に不安を抱えている人が増えています。 超低金利の時代なので、銀行に預けていても利息がほとんど付かず、資産がなかなか増えません。そのため、株式投資やFXなどのリスクの高い投資を行っている人も少なくありません。 最近は、安定した収入源となり、さらに固定資産税の減税など節税対策にもなるアパート経営に興味を持つ人が増えています。 名古屋でも、アパート経営を行って安定した収入を得ている人は少なくありません。 少ない自己資金でも、賃貸アパートの経営はスタートできます。専門的な知識がなくても大丈夫です。土地とアパートを購入し、家賃収入でローンの返済を行います。長期にわたり、安定した収入源が確保でき、ローンをすべて完済した後には土地という資産が残ります。年金の問題がニュースとなり、将来の年金を心配する人は少なくありません。安定した家賃収入と土地という資産があれば、将来の不安も軽減することができます。
Tagged on: , 昭和住宅